アーカイブ

マンツーマンでシュリーマン式英会話学習

シュリーマンの言語学習法はとってもシンプルです。

  1.  原語で書かれた文章をたくさん音読する。決して一字一句を母語に翻訳しない。
  2.  毎日1時間を勉強に使う。
  3.  学んでいる言語で作文する。トピックは自分の興味がある対象を選ぶ。
  4.  書いた作文を訂正してもらう。
  5.  訂正してもらった作文をそのまま暗記する。次のレッスンの時に覚えているかチェックする。

完全にカスタマイズされた個人指導が肝であるシュリーマン式言語学習は、マンツーマンのオンライン英会話レッスンに理想的です。

シュリーマン式英会話学習法

ケイが独自にオンライン英会話用にアレンジしたシュリーマン式学習法に基づいて下記2つのレッスンを行います。

⑴シュリーマン式暗記英作文

シュリーマンの学習法則をアレンジした 自然な表現を目指した英作文講座。
毎回のレッスンで新しいテーマに沿った英作文を起承転結のある5文で作成し、オンラインレッスンで英語らしい表現に修正、英会話力の定着を図ります。
•身近な話題からスタートしますので、どのレベルの英語学習者の方でも無理なく取り組めます。
•25分の授業時間で1テーマを確実に終了させますので、毎回のレッスンで成長を実感できます。
•起承転結のある作文を心掛けることで、フリートークにも対応出来る英語力が身に付きます。

⑵シュリーマン式音読学習

シュリーマンの法則をアレンジした音読指導。世界の名著や童話などを課題に、一緒に読み上げていきます。
毎回のレッスンで新しい章を講師とともに音読し、文の区切り方や意味の塊など英語表現を、また、音読を通して英語のリズムや発音、アクセントのつけ方に習得していきます。
•世界の名著や童話などを教材に使用するので久しぶりの英語学習者でも無理なく取り組めます
•「英語で本を読み切った!」という達成感とともに、英語への苦手意識も克服しましょう。
現在、音読学習の教材選定中のため、レッスン開始日は後日掲載いたします

シュリーマン式英会話英語学習法の次は、フリートークに挑戦しましょう。

とっさの会話力は、実は作文能力の積み重ねです。
即座に起承転結のある作文が書けるようになると、そのまま頭の中で作文が行なえるようになり、自然と英語で考えて英語で喋れるようになります。
シュリーマン式英語学習法を続けて行くと、簡単な文法と単語でほとんどの日常会話が成り立つことに驚くことでしょう。
身近なテーマから、興味がある少し難しいテーマまで。
たった5行の英作文から始めてみましょう!
また音読法で身につけた発音と英語のリズムで、英語を使用する抵抗感もきっと和らいでいるはずです。

シュリーマン式英語学習法で「英作文への苦手意識」や「英語の発音やリズムへの尻込み」がなくなったら、
次は「英語でのフリートークに挑戦!」してみましょう。身近な話題について話してみることで、更に英語力をUPします。

■Keiの自己紹介

現在現在 ベルリン在住。ドイツ企業にて勤務経験有、フリーランスにて翻訳などを行なっています。
大学時代から「世界遺産をこの目で見たい!」という夢を叶えるためにアルバイトをしてはリュックサックを背負って旅した国は世界20カ国。
使用可能言語は日本語、英語、スペイン語とドイツ語。

・資格
中学・高校英語およびスペイン語教員免許取得(2013年取得)
TOEIC950/990(2013年取得)
英検1級(2013年取得)

・経歴
2007年 アメリカ合衆国ワシントン州にて1年間の交換留学を経験
帰国後 英語講師(主に高校生英語を担当。英検受験指導・大学受験指導など)
2010年〜大学の副専攻にて英語選抜コース終了(通訳・翻訳基礎やビジネスプレゼン法など実践的な英語を学びました。)
2013年〜 日本のホテル企業にて3年間勤務(海外顧客対応、施設広報として海外メディア対応)
2016年〜現在 ベルリン在住

入門英会話:宝探し&活用レッスン

このレッスンでは英語での発想力を鍛える事も同時に行っていきます。

例えば「出張」という単語や表現が思い浮かばない時には、それがどういう行為なのかを考えていきます。すると「どこかに出かけて仕事をする」というのが出張だということに気がつきます。
そして”I went to Kyoto and worked.”のようなシンプルな文が出来上がるようになるのです。

「出張、出張、出張。。。」と考えあぐねてしまって結局話すことを諦めてしまうくらいなら、シンプルな発想と文を作って「出張」のニュアンスを伝えていく。これがご自身の頭の中に隠れていた宝が見つかりそれが使えた瞬間です。

みなさんは宝の持ち腐れになっていませんか?勿体無いですよ!

みなさんのお宝は発掘されて使ってもらえることを心待ちにしています。
上手く発想ができるようになるまで私がサポートしていきますのでご安心を。

シニアの英文法

ミドル・シニアのスッキリ簡単英文法・楽しく英会話

英語圏の先生との対話はなんとなく概ね進めていくスキルはあるものの、いまいち痒いところに手が届かない感じがすると思っていらっしゃる方は多いと思います。
会話を続けていくにはやはり基礎となる文法が土台にあってこそ積み上げていくことができると信じています。
すでに、英語を学習した方々ですので、頭の隅に雑然とある英語の文法や文型やイディオムなどをこの際、簡単にスッキリさせましょう。そして土台をしっかりと作って英会話を楽しみましょう。

例えば、トンカツを作ることに挑戦してみます。

  1. 必要な材料がわかっていながら作り方を間違えている方。
  2. 材料の一部しかわからない方。
  3. トンカツを作ることができるのに、何か一味違う。

これを英語学習に置き換えてみてください。皆さんはどれかに当てはまりませんか?

難しい英文法を学習するクラスではありません。
すでに持っていらっしゃる基礎の文法の整理をするクラスです。そして強化していくクラスです。 続きを読む

基礎英会話力UP

おとなの基礎英会話力UPコース

基礎英会話力のUPが目標です。

○おとなの基礎英会話力UPコースの使用テキスト:

大人の英会話倶楽部の無料テキスト:おとなの入門英語会話集(Otonyu dialog)

テキストを使って会話の内容を確認し、内容について英語の質問に答えて、また、自発的な会話を広げていく練習をしていきます。

おとなの入門英語会話集では会話のScriptの下に、単語や文法のPOINTがあります。POINTをメインに自分の言葉で自分自身について表現できるようになるのが目標です。

ただ読んで会話練習をしたら終わり!ではなく自身について表現できるまで、毎回サポートしてまいります。

○おとなの基礎英会話力UPコースのレッスンの流れ

1レッスンにつき1Dialogで進めていきますが、レベルに合わせて、自分のペースで進めていくことができます。 続きを読む

英会話初心者の英会話スクール

ミドル・シニアの方のやり直し英文法

日常会話に最低限必要な英文法を、分かりやすく丁寧に、楽しく指導します。

学校の授業ではイマイチ分からなかった、 英語をやり直したいけれど何から手を付けたらいいのか分らない、テキストを購入してはみたものの難しすぎて余計分からなくなってきた…というミドル・シニアの方にお勧めのオンライン英会話レッスンです。

英文法書を一から勉強したり、英文の朗読・音読を一人で行うのも辛いもの。
ミドル・シニアのやり直し英語には、もっと、直ぐに使える実践的な話題で、且つ、体系的に必要な文法などを学んだ方が覚えやすく活かしやすいと思います。
マンツーマンのレッスンだからこそ、
やり直し英会話学習の皆さまに「文法って楽しい!」と思っていただける様な授業を心がけています。
受講生の方々から、「学生時代にこんな授業を受けたかった!」と言って頂いているオンライン英会話レッスンです。
日常生活で必要最低限の文法を学びます。 続きを読む

英語の発音

12個の早口言葉で発音トレーニング

たくさんある発音記号・・・「覚えられないし実践できない」とレッスン後の率直な生徒さんの声に発音教材を色々試してみましたが、大人向けの英会話レッスンでは、このテキスト「1日5分英語発音の筋トレ」が最適だと落ち着きました。
1つの早口言葉にその章で習う発音記号が網羅されていて、その早口言葉を覚えれば、発音方法も自然と思い出すことができるテキストです。

言葉とは、音声や文字で、意味や気持ちを伝えるもの
どれだけ、沢山の単語を覚えても、正しい文法であっても
会話であれば、発する音が正しくなければ、なかなか上手く伝わる事はありません。

ただ・・難しいのは、自分が発する音が正しいかが、自分では分らないこと
ネイティブの日常会話の様に、発音できなくても、伝わる音さえ身に付ければ、平易な表現であっても理解してもらえますし、そこから会話を弾ませる事もできるようになります。

音の違いに気づき、伝わる音を身に付けていくレッスンになります。
正しい音を発することが出来ると、音を聞き分けることも同時にできますので、
これさえできれば、“海外の方との会話が(聞き取れない・通じないから)できない”ことはなくなりますね。 続きを読む

シャドーイング

シャドーイングからアウトプットへ~会話に繋ぐ

シャドーイングとは英文スクリプトを見ずに音声を聞き終えた後に発話することを言います。
シャドーイングはオーバーラッピング(重ねて発話する)や音読(英文スクリプトを見ながら発話する)よりも難しいです。
簡単な文章でも前置詞など案外聞こえていないものです。
シャドーイングの練習を続けることで、発音や音の連結の理解が深まり、リスニング力もアップします。よく言われていることですが、「聞こえない音は発せません」。

オンラインレッスンではレベルに合わせて教材をご用意いたします。
全くシャドーイングができない音声を聞いても意味がありませんので、簡単なものから練習して英語の基礎力を上げていきましょう!
初心者の方には、cloze question(穴埋め問題)やdictation (書き取り)などから始めます。

レッスンで使った教材をもとにアウトプットに繋げていく練習もして、英会話に活かせるレッスンにしていきます。 続きを読む

中学英語・中学英文法で英会話習得

中学校で習った英文法で英会話

過去に学んだことは忘れているし、新たに英文法書を購入して・・・
中学英文法は実際の英会話では役立たないかも?
中学レベルの単語数では殆ど会話できないのでは?単語帳も買わなければ・・

いえ、そんな事はありません。
中学校必須の英単語数は1500前後。
平易な日常英会話の必要英単語数は凡そ2000語程度で可能と言われています。
無理して難しい英文法や英語表現や英単語を覚えるよりも、基礎英文法やフレーズ、英単語を工夫して自分のモノにしていく方法の方がよいですね。
しかも、基礎さえ身についてくれば、表現力や英単語を増やしていく事は寧ろ容易です。
この順番がとても大切だと思います。

まず、中学校で習った英文法で英会話ができるようになること。
そして、次は以下の高等学校で習った英文法で英会話を表現力を増していく学習に進んでまいりましょう。

「高校で習った英文法で英会話」コース

続きを読む

英会話やる気スイッチ

スピーキングへのスイッチ – 簡単英語でももっと話したい

英文科で学び、ネイティブに習ってきたにもかかわらず、海外に住み始めた頃は「うまく相槌がうてない」「気の利いたことが言えない」「思いをうまく伝えられない」など、もどかしい思いをたくさんいたしました。
この経験から新たにスピーキングを学び始め、現在もネイティブ教師について勉強しています。
英語習得はひたすらコツコツ、時間がかかるもので、上達を実感することもなかなかできないもの。

英会話の指導歴は20年になりますが、大人の英会話倶楽部の講師になりオンラインレッスンをしていくうちに、とても真面目に努力されている方が多い事に驚きました。
一方で、「何を今の学習方法に加えていけばいいのか。課題を教えて欲しい」や「勉強しているのに話せない、話せるようになりたい」という方が何人もいらしたのでこのレッスンを始めることにいたしました。

誰でも「これだけやれば、必ず」という方法がある訳でもありませんし、
「こう言う英語学習方法が効果があるに違いない」けど、気が乗らない方法では辛いです。
気乗りしない事をやるよりも、学習時間をキープした方が結果的にはよいと思います。
ただ、
少し、同じレベルの学習を繰り返して半歩先に進むのが遅くなっている方や、難しい事を覚える事に注力されて、基礎的な部分の習得のバランス悪くなっていて、勿体ないかなと感じる事もあります。 続きを読む

おもてなし英会話

初歩からのおもてなし接客(インバウンド)英会話

また、お客様の国の文化習慣を学ぶことも大事なことだと思います。英語圏はじめ、海外の文化習慣、食文化も含めた内容の追加もできます。
日本の素晴らしさを海外の方にお伝えする事も大切ですね。
例えば、おもてなし接客英会話(インバウンド英会話)のレッスンと合わせて以下のようなオンライン英会話レッスンもお薦めです。

イギリス英語とアメリカ英語・文化の違いも学ぶ英会話

イギリスに5年住んだ後に一旦帰国、次にアメリカ駐在となり、行って暫くは同じ英語圏なのにいろいろな相違点があり、正直とまどいました。
英語も言い回し、発音、単語が一部違いますし、国民性、文化習慣も違いましたが、住んでいくうちにだんだんそれぞれの良さがわかってまいりました。アメリカとイギリス、同じ英語を話す違う国についての学習やお話をご一緒にいたしましょう。

日本文化紹介・お稽古の先生の英会話・オリンピックボランティア準備

続きを読む

フォニックス

フォニックスでマンツーマン発音レッスン

読めば分る簡単な英文でも、聞き取れない事も多いと思います。
また、発音が正しくないがゆえに通じなかったことってありませんか?
文章の組み立てに多少の間違えがあっても、発音が正しければ相手も理解しやすいもの。
正しい発音で率先してコミュニケーションをとっていくことが英語の上達への近道です。

言葉は”音”です。日本語とは全く違う英語の”音”の仕組みを理解する事で、聞き取れなかった音が聴ける、伝わらなかった事が伝わる、”英会話”そのものの扉を開く事ができます。

フォニックス(Phonics)はアルファベットや英単語の読み書きが未熟な英語圏の子供たちに英語をどのように読み話すのかを教える為に広く使われている教育法の一つです。
英語のスペル(つづり)と発音との間の規則性に着目して正しい読み方を平易に学べる方法になります。

アルファベット26文字は、
普通に読むと、A(エイ)B(ビー)C(シー)d(ディー)ですが、a(ア)b(ブ)c(ク)d(ドゥッ)という音を持っています。
Catは「c(ク)」「a(ェア)」「t(トゥ)」の音の組み合わせなので⇒クェアトゥ(猫)
dog は 「d(ドゥッ)」+「o(オ)」+「g(グ)」 ⇒ドォッグ(犬)
catやDogが、どの様な意味なのかを知らなくても「クェアトゥ 」と発音でき
また、「クェアトゥ 」と聞けばcatに置き換えられるようになると言う、音とスペルの基本ルールです。 続きを読む

オンライン英会話ワークシート

中学3年分の英語やりなおし+英会話

しっかり勉強タイプのレッスンです。
「中学3年分の英語やりなおしワークシート」は、よくある説明ばかりの参考書とは違い、ワークシート形式なので、文法の理解が深まります。
またレッスン中に、英単語やワークシートの文章を声に出して解いてもらうので、英会話の習得にも繋がります。無理なく楽しく学習できるように作られたテキストです。1章終わるごとに英語の力が付いていきます。一緒に始めてみませんか

① (予習)事前に決めた章をレッスン前までに読んでおいていただき、
② (レッスン)レッスン中はその中の問題を口頭で解いてもらい、
③ (復習)レッスン後にワークシートに解答してもらいます。 続きを読む

ビジネス英会話シーンの写真

シチュエーション別ビジネス英会話フレーズ

ビジネスシーンと日常英会話の違いを確り意識しながら、ビジネスで通用する英会話を勉強しませんか。
日常英会話とビジネス英会話では英会話の基本は変わりませんが、英会話レベルに関わらず、ビジネスのマナーなども理解した適切な英語でなければ、信用や信頼を得る事が難しいビジネス英語ならではの特徴があります。
最近では海外の方の訪日も多く、海外出張やビジネスミーティングなどだけでなく、日本にいても接客(インバウンド)英語の必要性も増していて、適切なビジネス英語の基礎を修得しておく必要が高まっています。
取りあえず、聞き取れる・伝わるだけでなく、(売上だったり成約だったり)ビジネスゴールに到達する事もビジネス英語のポイントになります。
英語力向上と共に、実践的なコミュニケーション力・プレゼンテーション力などを身に付けるレッスンであることを大切に考えています。 続きを読む

日本人講師sasha先生

英語でゴスペルを歌ってみよう!

お好きなゴスペル(Gospel music)を選んでください。

私が知らない曲の場合は探してみます。(曲が探せない場合は“歌詞を理解するのみ”の対応となります)。歌詞を数日前までにあらかじめ送っていただければ対応できるようにしておきます。

歌詞に込められた意味や想いを理解し終えたら、一緒に歌ってみましょう!

私がハモれるところはハモリます!歌詞への理解度が上がったらゴスペルはもっともっと美しく感じられるはずです!
英会話初心者の方でも全く問題ありません。
英語の様々な表現、発音や英語のリズムなど、アウトプットしながら愉しく学びましょう。

お薦めのゴスペルソングを記載しますね。楽曲名をコピーしてYoutubeなどで検索して聴いてみてください。一度は聞いたことがある曲だと思います。
今年は・・聴くだけでなく、“歌詞を理解して歌えるようになる”です。マンツーマンのオンライン英会話レッスンなら思いっきり唄えますよね。チャレンジしてみましょう。 続きを読む

海外旅行の英会話テキスト

海外旅行がもっと愉しくなるトラベル英会話

現地に行ったけど見事に話しが通じなかった、困った時に日本人スタッフがいなくて苦い経験をしたことは皆さんあると思います。
私はオーストラリアの大学で4年間、アカデミックからプラクティカルまで全ての旅行業界について勉強して、その後、
旅行業界で働き、全くの入門者から中級者まで多くの方のサポートをしてきました。

今までの旅行業界や英会話講師としての経験を活かして、簡単に通じるトラベル英会話のフレーズ集をまとめてみました。
オンライン英会話レッスンでは、オリジナルのフレーズ集と大人の英会話倶楽部の[おとなの海外旅行初級英会話集]を並行して、レッスン毎に[旅先のシーン]を想定して進めていきます。 続きを読む

レストラン・ショップ英会話

レストラン・ショッピング英会話

レストランで素敵にオーダー出来るように 全5回

高級レストランからファーストフードまで、メニューの見方、オーダーの仕方を準備しておきましょう。
オンライン英会話レッスンでは、必ず使う英会話表現事例などをもとに、ロールプレイなどで愉しく学んでいきます。
その土地評判の、美味しいレストランでお食事できれば、更に海外旅行の素晴らしい思い出になりますね(具体的に行きたいレストランがあれば、事前にHPでメニューを調べての準備もできますよ!)
全5回で”これだけ伝えられれば”の基礎を修得して、あとは回数を重ねるほど、伝えたことが増え、突然聞かれて困る事が少なくなるように、応用パターンを広げていくことができます。

ブランド店でもスマートにお買い物できるように 全3回

敷居が高いブランド店。 続きを読む

オンライン英会話でディクテーション

オンライン英会話でディクテーション

オンライン英会話などで聴き話す機会が増えてきますと、英語コミュニケーション能力は明らかに向上していきます。
日常のコミュニケーションの半分以上は実は、言葉ではなく、身振り手振りや表情などのボディーランゲージで行われているらしく、フィリピンの先生との英会話でも(Skypeの画面は小さいとはいえ)非言語コミュニケーションを実感されているのではないでしょうか?
それは・・英語の語彙や文法が足りていないとコミュニケーションが難しいと思っていた英語初心者や初級者の方にとって、海外の方との愉しいコミュニケーションなどの夢が遠いことではない事も実感できて、とても価値のある体験ですし学習方法だと思います。

一方で、だからこそ
話しの流れで理解できた事でも、
いざ、文章にしようとすると
時制が何だったのか、知らない単語や、音が欠落したり引っ付たりしてよく聞き取れないなど、学習課題が明確になり多くの発見があります。

短い文章でも、聞き逃さないように[聞く事に集中する]事は、[聞き流す]よりもヒアリング力を鍛えますし、
書きながら英語の文章構成や表現を理解できますので、ライティング力だけでなく、自ら話す(スピーキング)力も自然に付いてきます。
聴き取れなかった部分を何度も聴きなおしたり、曖昧な英文法や英会話表現に気づき学びなおす事は英会話の上達にとても意味があります。 続きを読む

流ちょうな英会話

普通のスピードで英語を聞きたい!理解したい!

ある程度のレベルまでは、講師にゆっくり話してもらって理解することは大事な事だと思います。では、いつまでそれを続けますか?
英語を習ってきたのに、海外に行ったら全然言われていることがわからなかった!早くて全然わからなかった!という感想を持った方も沢山いらっしゃると思います。

そこで!考えました!
講師の話すスピードを上げて、それに慣れてもらいましょう!と。
積極的に計画的に、会話スピードを上げながら、リスニング力を向上させていくレッスンです。
早さは、各個人のレベルで調節していければと思っています。 続きを読む

オンライン英会話でフリートーク

興味のあるテーマでロールプレイ

生徒さんにいただいたテーマにそってロールプレイを楽しくやっていきます。
初めての生徒さんのレッスンや事前にテーマをいただいていない場合は、興味のあるテーマで会話を引き出せるようにしています。

例えば、以下のようなテーマで行っています。
音楽の勉強の為に渡米しNYに住んで長い事もあり、海外旅行や音楽、アメリカ文化や習慣などが話題として多いように思います。
話題にそって、初級者・中級者・上級者其々のレベルにあった表現方法をアドバイスいたしますのでご安心ください。 続きを読む

英語の相槌

英語の相槌を使えるようになろう!

日本語の会話だったら自然に出てくる相槌。これが英語でできない!と思ったことはありませんか?
例えば日本語だったら、「昨日さ~A君に偶然会ったんだよね~」と言われたら、「えっ!マジ?(ほんとに?)」とか、「え~!いいな~」とかと言う風に相槌を打ちませんか?
この”ほんとに?“に相応する英語の相槌。たくさんあると思いますよ。
もちろん、「言葉」であり「思い」なので答えは一つではないです。

○が△になれないように、「えっ!マジ?(ほんとに?)」という言葉もまた、これに相応する英単語もないのかもしれません。でも、黙って人の話を聞いているよりは相槌を打ったほうが会話もよりスムーズに進みますね。 続きを読む

フィニックスで発音強化

基礎英会話力養成レッスン

英会話入門や初級者の方が、自然な日常的な英会話に必要な文法や語彙を学びながら、
コミュニケーションできる基礎英会話力を身に付け、段階的に表現力を向上させていくオンライン英会話レッスンです。
画一的なカリキュラムではなく、初めのオンライン英会話レッスンでお話しをさせていただき、受講者に合った方法を提案させていただきます。
オリジナル教材で進めていきますので、テキストを用意して頂く必要はありませんが、ノートをご用意いただき、レッスン後に学習した事を復習することをお勧めしています。
ゆっくりと、確実に、一緒に楽しみましょう! 続きを読む