大人の英会話倶楽部の公式ブログロゴ

小学生のオンライン英会話スクールの選び方(学習法と教材)


小学生オンライン英会話レッスン学習方法と教材についてご案内します。
お子さま(園児・小学生)
のオンライン英会話の利用方法について、特にお父様・お母様にアドバイス。
お子さまもご利用が増え、オンライン英会話の活用方法や注意点についてのご相談も増えています。こどものオンライン英会話教材

日本では[聞くだけで話せるようになる]など魔法のような宣伝が多いですが
日本語も英語も、言葉の習得プロセスは変わりません。英語だけが容易に習得できる(方法がある)ということはございません。

小学生低学年から英会話学習を始めるメリット・デメリット

早期の英語教育に関しては様々な見解があり、特に小学生低学年のお子さまに関しては、日本語学習の時期でもありますので、悩みどころだと思います。

ただ、現実的には
フィリピンや東欧の多くのノンネイティブの国の先生も生まれた時から現地語と英語の同時習得ですし
当スクールでも、園児・小学校低学年のバイリンガル教育スクールのご利用も大変増えています。

日本では、旧来、中学校から[文法中心]に学び始めましたが
日本語習得と同様に、あとで、文法や語彙は増やせますので、
文法よりも
先に、正しい音を識別できて発せられるようになる。
“言葉・会話”としての音に慣れ、聞ける話せることがベースの方が、
正しく早く習得できるのは間違い無いと思います。

お子様のレッスンに関しましては、
語彙や文法を覚えることよりも
愉しく、
平易な会話や語彙を、工夫してコミュニケーションできるようになることを優先するレッスンをお勧めいたします。

日本語習得時とオンライン英会話を活かして英語を習得するプロセスの違いは

お父様・お母様は、お子様に日本語を教えるために
何千時間を費やし、様子を見ながら工夫されたことと思います。英語習得が日本語習得よりも容易で、何か、特別なノウハウが大きく影響する訳ではございません。
ただし、当時とは幾つかの違いはあります。

A・よく研究された英会話教材がある
B・多くの英語学習者の指導を経験している先生がいる。
C・しかし、費やす時間が圧倒的に少ない。の3点かと思います。

優秀な先生でも、その生徒の興味や適した学習方法を把握できて、アレンジしていくには相当の時間は要します。
その勘が良い先生という意味では
より経験値が高い講師の方が確率は高くなります。

ただ、やはり、親子同様、
A・講師(コーチ)を変えない。
B・教材が解決してくれるわけではない。
C・相性の良し悪し。の方がより効果に影響します。
そういう意味では、何名かの先生をお試しいただき、お子様が一番楽しそうにしている講師がよいと思います。

A [週1回1時間]など・・・殆どの事は忘れます。蓄積効果はありません。また、日本語習得期でも、教える人が毎日変われば・・それだけ習得は遅れます。
教材やコーチを変えて[初級段階]を何度もやり直すよりも、良いコーチと、
飽きないように、忘れたことを復習できるように、愉しめるように、
使い方を工夫する方法が、結果的に一番効率がよい学習方法になります。

・愉しいことは覚えます。
・愉しくないことは覚えない(記憶を拒否する)ものです。

急上達されるお子様は、総じて、好きなゲームに夢中になるように
お子様が話したくて仕方ない状況を、お父様・お母様と講師が上手く作られているように感じます。
何を行うか(どの先生がよいだろう、どの教材がよいだろう・・お母様の判断)以上に、お子さまが何に興味や集中を示すか・・お母様と先生の、お子さまの上達の芽を感じる力次第のようにも感じます。

オンライン英会話レッスン内容の要望は具体的な方がよいか

ご希望はぜひ講師にお伝えください。
ただ・・そのレッスン内容がゲームでも、英語で歌うことでも、
また文法重視でも、単語からでも・・順番や教材の問題ではなく
お子様が興味を持って長く続けら、そして学びを積み重ねられることが一番。
講師も生徒を観察しながらそのための工夫をします。
ご要望(縛り)が多いほど講師の創造力は損なわれる懸念もありますので、信頼とコミュニケーションがポイントになります。

Let’s go 1などは絵本ベースで愉しいですし
お子様が日本語を習得した時同様に、
ご家族で、愉しく英語に触れる時間は(語学として以上に)貴重だと思います。
ご家族で、お子様が負担なく自然に参加するような進め方もよいと感じます。

日本人講師の中には、お子様向けのスクール講師経験が豊富な先生も多数います。また、日本語ができるフィリピン講師も・・毎日、お子様のレッスンを行なっていますので
日本語のように伝わらない中でも、
「また、会いたい]とお子様に思っていただけるようになれば、英語習得の初期段階としてはとても良い状況かと思います。

“発話する量””習得して話せる文型や語彙”を短期的に繰り返し、定着されることが”上達する”ということだと思います。
試験勉強の良いに”短期記憶”も重要な場合は別として
“覚えては忘れる”を繰り返すことも、伸びない大きな要因になります。

・教材や講師に問題があるのでは?

もちろん、”相性”が大切。
変更して失われるものが多いこともあります(お子さまと先生の蓄積がリセットされてしまいますから)、定期的に見直してみることはよいと思います
ただ・・それが数ヶ月単位の場合は、明らかに上達の妨げん最大要因になります。

同じページを複数の講師で行う(教えてもらった分、話せる事が増える)。
そのような学習方法は、大人でも多く、お勧めしています。

経験的にも、多くのお客様の上達進度を見ても
誰でも、言葉を覚えることはできます。
時短を優先して(ほとんど、そのような方法はありませんが)、
語学も楽器もスポーツも・・
積み重ね学習(講師や教材)をリセットして前に進めないことを繰り返すことだけは一番さけたほうがよいことだと思います。