日本人の英語:yesno

日本人が間違えやすい英語:Mean(20160818)


オンライン英会話の大人の英会話倶楽部の日本人講師、Mirika先生の新しいBlogシリーズ”日本人が間違えやすい英語”。今日のワードはMeanです。
英語と日本語では概念が異なったり、言葉のニュアンスが違ったり、日本人が間違いやすい英会話表現や単語があります。
単語の意味を日本語に当てはめて覚えてしまい、文型は文型で学んで、繋ぎ合わせるところに思わぬ落とし穴が、Mirika先生の「日本人が特に間違えやすい英語表現」で再確認していきましょう。

—————————–

Hello! Mirikaです。
今日は「mean」です。

English1_640

英語を学習中の皆さんは、英単語の意味を調べたり、先生や英語学習仲間や外国人の友人に聞いたりする事も多いかと思います。
ですので、”mean”という単語は日常的に使う単語の筈なのですが、多くの日本の方が使い方を間違えてしまっています。

「(その)意味は何?」と聞きたい時、あなたなら何と言いますか?
よく聞くのが、”What’s the mean?”  です。
これは、日本語の「意味」が名詞なのにつられてしまう良くある間違いです。

英語の”mean”は、動詞ですよー!
ですので、正しくは”What does it mean?“です。

itを置き換えて、”What does ‘hairdo’ mean?
(hairdoとはどういう意味ですか?)などと聞く事も出来ます。
(ちなみに、hairdoは、hairstyle、つまり髪型の事です)

「それはhairstyleという意味ですか?」という風に、確認する時は、
Does it mean ‘hairstyle’?” ですね。

是非応用して、日ごろの英語学習に役立ててみてくださいね!

■Mirikaの日本人が間違えやすい英語

■オンライン英会話スクール[大人の英会話倶楽部]の日本人講師、Mirika先生のレッスン■

英会話教室を運営しながら、大学受験予備校の非常勤講師や翻訳業、英会話教材の執筆、外国人向けの日本紹介サイトのライター、また英会話講師の育成など多方面に活躍のMirika先生。
小さなお子さんからシニア、初級英会話からビジネス英会話まで幅広い指導歴のある先生です。

友だち追加数