英会話スクールへの質問・疑問

☆オンライン英会話利用法:STEP4[レッスン直前・レッスンスタート]


■オンライン英会話レッスン5分前まで(事前準備)

・レッスンサポート事務局と講師からスカイプでコンタクトリスト(連絡先)への追加依頼が届きます。
[最近のイベント]や[連絡先]のオレンジ色をクリックして、講師のSkype名を選び「連絡先リストへの追加を希望しています」の下の[許可]を押下してください。
※Skypeは、連絡を取り合う事を「許可」したご利用者同士が通話できる仕組みです。講師其々、異なるSkypeIDですので、その講師との最初のレッスンのみ[連絡先リストへの追加の許可]が必要です。

先生からの「(通話の)連絡先としての追加を申請」を許可してお待ちください。
※新しいSkypeでは[連絡先の追加申請]の機能が無くなっていくかもしれません。初回の講師からはレッスンまでにメッセージを送ります。[許可(承諾)]ボタンがあれば押下。見つからなければ[よろしくお願いします]などメッセージを返信願います。

※Skypeメニュー(右上など)の[Skype][プライバシー]にて、[通話を許可][ビデオと画面共有の自動受信元][チャットを許可]を選択し[保存]すると、連絡先の追加承認がなくても、講師はコールできます。Skypeに不慣れはうちは[プライバシー]の設定を緩くしておくと、トラブルが少なくなります。

Skype連絡先追加

 

 

 

 

 

 

Skype連絡先リスト追加許可

・レッスン開始の10分前までに、Skypeを立ち上げてヘッドセット(マイク)とWEBカメラの接続テストを行いましょう。Skypeを立ち上げ、メニュー[Skype][プライバシー][一般][オーディア設定]などでマイクやスピーカーのチェックができます。

テキストをオンラインレッスンでご利用の場合時は
[予約確認]画面の上部[このレッスンの担当講師へのメッセージ]欄にご記載後[送信する]を押下し事前に担当講師にお伝えください。
I would like to use “テキスト名&頁”。

■代理講師になる場合(対処方法)

フィリピンの講師の場合
急病やフィリピンの天候、インターネットの回線のトラブルなどにより、講師がレッスンをご提供できない場合があります。
・計画停電や病気など、早期にレッスンが行えない事が事前に把握できている場合は、日本事務局よりメールでご報告いたしますので、お手数ですが、当該レッスンをキャンセルし、あらためてご希望の日時・講師でのご予約をお願い致します(1時間前までにキャンセルいただいていない場合は、代理講師を手配いたします)。

・レッスン直前の回線チェックなどでトラブルが把握できた場合、
一時的な現象でレッスン時間に回復する事もあり、フィリピン事務局が現地の状況を判断し、

まず、お客さまにお時間をいただいている事を優先して代理講師を準備させていただきます。

多くの場合、フィリピン事務局よりSkypeチャットボックスで(レッスン直前に)お伝えする事になりますので、特定の講師との継続学習等で代理講師で不都合な場合は、Skypeチャットボックスで「代理講師はキャンセル」をお伝え願います。
※フィリピン事務局スタッフへの英文でのSkypeメッセージ返答について
正しい英文であるよりも、正しく間違いなく伝わる簡潔な表現で構いません。
代理講師を許諾いただける場合:Ok
代理講師はキャンセルする場合:Cancel (pointback)

【翌営業日ポイントバック制】
キャンセルの場合は全額、代理講師のレッスンポイントがご予約の講師よりも低い場合は差額ポイントを翌営業日にポイントバックいたします。レッスン管理はフィリピン事務局が行っていますが、ポイントバックは日本事務局対応のため、一旦、[レッスン中][レッスン完了]となりポイントが消化し、ポイントバックは翌営業日になりますこと、ご了承をお願いいたします。
※日本人講師の場合は代理講師はありません。

■オンライン英会話レッスン時間(コールの応答)

時間になると、講師からコールがあります。緑色の【通話ボタン(応答)】ボタンをクリックして、レッスンを始めましょう!

Skypeコールの受信方法

 

 

 

 

画面右下のメッセージを送受信するチャットボックス(IM:インスタントメッセージ)を開いておきましょう。画面右下(右上)の吹き出しマークをクリックします。講師・お客様双方に、メッセージを送り、見る事ができます。

SkypeIM表示方法

 

 

コール接続後のチェックポイント
・ビデオオフになっていませんか?
画面下のアイコンの[ビデオ]マークに斜め線が入っていると、お客様の映像が先生に届きません。クリックしてビデオのオンとオフを切り替えられます。

■英会話レッスンスタート

先ず「自己紹介」。このタイミングで以下を確認しましょう。
音声や映像は乱れていませんか?
講師の話すスピードは早くありませんか?
チャットボックスは使えますか?

自己紹介を通して
講師はお客様の英会話レベルを把握し、会話のスピードなどを調整します。
初心者の方は日本語ができる講師をおすすめします。また、日本人の先生であれば、学習アドバイスから始められるのもよいと思います。
英会話レッスンの目的や課題、ご希望などを講師に伝えましょう。

そして、テキストを使って「レッスンスタート」。
例えば、無料レッスンテキスト(Q&A形式)を使ったレッスンの場合、
講師に続いて音読
講師と生徒が会話例文を交代に行い
・講師や生徒自身の質問の答えで会話を膨らませていく。など
そのプロセスで発音や表現方法を学びます。
生徒のレベルに合わせて、レッスン内容は広がっていきます。

フィードバック
講師が、良かった点や改善点、今後の英語力向上へのアドバイスします。

■レッスンアドバイス

レッスン終了後24時間以内に、講師より「レッスンのフィードバックメモ」がメニュー[レッスンアドバイス]に掲載されます。予習復習にご利用ください。

大人の英会話倶楽部会員メニュ一覧