大人の英会話倶楽部の公式ブログロゴ

洋楽・洋画やドラマから学ぶ英会話 初級編①洋楽


Bruno Marsさん(@brunomars)がシェアした投稿

海外旅行に行きたい!映画を字幕なしで観たい!洋楽が好きで歌えるようになりたい!海外ドラマにはまりだした…などなど、英語を学びたいと思うきっかけは様々です。
せっかく大好きなものがあるなら、好きなものを使って英語を勉強しませんか?

この記事では、海外文化に触れるのが大好きなのに、中学や高校の英語の授業や教科書を使った学習法は苦手…という方にも、楽しみながら「生の英語」を学んでいただける方法を紹介します。今回は短めの教材、洋楽をピックアップしました。

目次

  • 洋楽は殆ど聴き取れない方、これから始める方へ
  • どんな曲がいいの?
  • 洋楽で英会話学習の方法
  • まとめ

まだ、洋楽は殆ど聴き取れない方、これから始める方へ

英語も初心者なのに、いきなり洋楽なんて無理じゃない?と決めつけるのはまだ早いです。確かに何も見ないで洋楽を流しているだけだと、聞き取りは難しいこともあります。

しかし、学習方法を心得れば「好きな洋楽」が学習教材に早変わり。好きな曲ほど何回も聴きたくなりますよね。英会話の学習には繰り返し練習が欠かせません。何回も聴くことが、リスニング力のアップ、発音の改善、フレーズを覚えて会話できるようになる近道です。

どんな曲がいいの?

好きな曲で…とは言っても、その中でビギナーにぴったりな曲を選びたいところですよね。ビギナーのための曲選びの条件があるわけではありませんが、迷ってしまった方におすすめの選び方を紹介します。

・ゆっくりのテンポのものを選ぶ
1曲をとにかくマスターしたい方にはゆっくりテンポのバラード系がおすすめです。
1度で聴き取れなくても歌詞を見て2度目3度目となれば聴き取りやすくなりますし、歌いやすいのもポイントです。

Honesty – Billy Joel(ビリー・ジョエル)

ビルボードチャート常連のアメリカ人歌手ビリー・ジョエルの代表作。
ゆっくりなテンポと分かりやすい文法、そして幾度と日本のCMにも使われたメロディがおすすめのポイントです。

・話せるようになりたい英語の種類で選ぶ

イギリス人歌手

クイーンズイングリッシュに憧れて、イギリス英語が話せるようになりたい!という方には、イギリス人歌手の曲をおすすめします。曲の中でもイギリス英語の発音はしっかり表れています。

Perfect – Ed Sheeran(エド・シーラン)

ここ数年グラミー賞を何度も受賞しているEd Sheeranの最新ナンバー。
ゆっくりテンポで聴き取りやすいです。

アメリカ人歌手

日本人にとって馴染み深いアメリカ英語から入りたい、という方におすすめなのがアメリカ人歌手の曲です。日本の英語教育はほとんどアメリカ英語なので、一番聴き取りやすのではないでしょうか。

Marry You – Bruno Mars (ブルーノ・マーズ)

日本でも爆発的人気を誇るBruno Marsのヒットナンバー。
ノリのいい曲で飽きがこない上に、難しい表現があまりないのでおすすめです。

フィリピン人歌手

オンライン英会話の先生と合わせてフィリピン英語をしっかり聴き取りたい方にはフィリピン人歌手がおすすめ。大人の英会話倶楽部にも多数在籍しているフィリピン人の先生のレッスンがより楽しくなるかもしれません。

Sweet Memories – Sarah Geronimo (サラ・ヘロニモ)

アルバムを発売すると20万枚以上のセールスとなる歌手、サラ・ヘロニモのアルバムから1曲。松田聖子さんのカバーソングで、耳なじみ良く英語に集中できます。

洋楽で英会話学習の方法

洋楽は毎日聴いているけど、全く聴き取れるようにならない…というお悩みを持っている方は、学習方法を少し変えてみると聴き取れるようになるかもしれません。ここではおすすめのリスニング力アップ方法をお伝えします。

まずは何も見ないで聴く
最初は何も見ないで聴き取ってみて下さい。その際、できたらディクテーション(書き取り)をしてみましょう。聴きとれた単語だけでもいいので、どれだけ自分が聴き取れた/聴き取れないのか、明確にすることが大切です。

フルで聴かない
好きな曲だと1曲まるまる聴きたくなる気持ちはわかりますが、ぐっと堪えてセクションごとに区切って聴きましょう。最初のうちは1フレーズごとに曲を止めても大丈夫です。聴き取りと書き取りが追いつく程度の長さで聴くのがベストです。段々と長く聴き取れるようになります。

歌詞を見る
ディクテーションで書き取った歌詞を答え合わせします。自信をもって聴き取れたはずの単語が違う単語であったり、逆に不安だったところが聴き取れていたりと、クイズ感覚で照らし合わせてみましょう。なぜ間違えて聴き取ってしまったのか、英会話の先生に聞いてみるとウィークポイントがはっきりして、次に活かせるようになるかもしれません。

もう一度聴く
答え合わせまでしたところをもう一度聴いてみましょう。歌詞を見ても構いません。聴き取れなかったところも案外聴き取れるようになっていませんか?

まとめ
洋楽はテレビやラジオでも毎日聴く身近な存在です。毎日少しずつ続ければ、必ず英語力のアップにつながります。毎日のちょっとした時間を、楽しい英語の時間に変えてみて下さいね。

英語講師のお母さまから日本語と英語を自然に学ぶ環境で育ち、関西学院大学の英文科卒業後、大阪大学大学院、University College London大学院修士課程で言語学履修。
様々な言葉の成り立ちや類似点、変化などを研究、[言葉]が専門の日本人講師、ゆか先生のenjoy English Blogです。