初級英文法

フォニックス(Phonics)をオンライン英会話レッスンで


英会話初心者・大人世代のオンライン英会話スクール【大人の英会話倶楽部】が、今回、ご紹介するのは発音学習のフォニックス(Phonics)です。

フォニックス(Phonics)はアルファベットや英単語の読み書きが未熟な英語圏の子供たちに英語をどのように読むのかを教える為に広く使われている教育方法です。
英語のスペル(つづり)と発音との間の規則性に着目し正しい読み方を平易に学べる方法の一つで、大人の英会話倶楽部でも日本人の先生がオンライン英会話レッスンとしてお薦めしていますのでご紹介します。

概ね、スペルを見ると発音がわかる、発音を聞くとスペルが分るようになります。

alphabet

 

 

 

 

 

例えば、アルファベット26文字は、
普通に読むと、A(エイ)B(ビー)C(シー)d(ディー)ですが、a(ア)b(ブ)c(ク)d(ドゥッ)という音を持っています。

Catは「c(ク)」「a(ェア)」「t(トゥ)」の音の組み合わせなので⇒クェアトゥ(猫)
dog は 「d(ドゥッ)」+「o(オ)」+「g(グ)」 ⇒ドォッグ(犬)
catやDogが、どの様な意味なのかを知らなくても「クェアトゥ 」と発音でき
また、「クェアトゥ 」と聞けばcatに置き換えられるようになると言う、音とスペルのルールになります。

フォニックス(Phonics)は万能ではありません。

フォニックスには多様なルールがありますが、そのルールに基づいて全てのスペル(英単語・英文)が発声されるわけではありません。
概ね75%程度をカバーしていると言われています。
初めて見る単語でも、概ね7割は発声できる状態と言う事になります。

発声法も音域も異なる言語の習得にはとても有効です。リスニング力が上達します。

英会話を学び始めた段階では日本語に比べて高い音域の英語を聴き取る事はとても大変ですし
カタカナ英語やA(エイ)B(ビー)C(スィー)に引きこまれて、正しい音を認識する事にとても苦労します。
スペル本来の音を理解する事で聴き取り力が向上する事は間違えありません。
特に英会話の入門、初級段階では・・何となく聴き取れる(スペルに置き換える事ができて、知っている英単語として認識できる)感じを持つことが出来ます。

発音習得の基礎練習として、フォニックス(Phonics)をベースにすると、発音の上達が容易になります。

フォニックスのトレーニングは、アルファベット1語づつから始めて2音、3音と組み合わせる音を増やしていきます。
フォニックス(Phonics)ルールにあてはまらない発音も多くありますが、
スペルそのものの発音、発声法を習得しておけば、
それをベースに例外的な発音や上位レベルの発音ルールの学習にスムーズに進めていく事が出来ますのでお薦めできます。

大人のフォニックスをオンライン英会話で学ぶ事のメリット

フォニックス(Phonics)の学習法が説明されたサイトや動画は検索すると多数あります。
動画では口や舌の動かし方、息の出し方など詳しく確認できますので是非、真似て発声してみてください。

ただ、自分の発声は自分自身で確認できません。間違って身に付けてしまうとまた将来苦労する事が繰り返されてしまいますね。

どの形で声を出せば正しい綺麗な発音になるかを掴む事が大切
骨格や舌の長さなどは人其々、スカイプビデオ通話のオンライン英会話レッスンでなら、音を確認しながらアドバイスを受ける事ができ、基礎発声が正しく習得できます。

フォニックス(Phonics) 担当の日本人講師は
自己紹介文などに記載していますので御確認下さい。
現在、Neige先生、Mimi先生など対応しています。
日本人講師から学ぶオンライン英会話スクール