大人の英会話スクールの質問

基礎英会話力を身に付けたい


英会話初心者・大人世代のオンライン英会話スクール【大人の英会話倶楽部】の今回のテーマは、基礎英会話力を身に付けるには?です。
幾つもある日本人講師のオンライン英会話比較 英会話上達には文法や語彙などのインプット(リーディング・リスニング)とアウトプット(ライティング・スピーキング)をバランスよく学ぶ事が大切ですが、その最適な配分や学習法は人其々です。
その学習方法に何を求めるのかにより日本人講師のオンライン英会話スクールの選択、また、講師の選び方も変わってまいります。「海外の方の英会話を聴き取り自分の考えを伝えたい」。その為に様々な英語学習の選択肢があるけど何を選べがいいのか分らない。
「まずは、基礎英語力を身に付けたいのですが、どのようにすればよいのでしょうか」とのお問い合わせを多くいただきます。
基礎英会話力を身に付ける学習プロセス(英会話上達の基盤)が適していないと、とても非効率ですし途中で挫折してしまう原因になってしまうかもしれません。

g_08_01

気合を入れて英会話スクールや短期留学?
その前に、文法や単語帳から?
ラジオやテレビ講座か英会話教材?
どの選択肢を選んでも目標を達成するまでに短くない時間とお金がかかります。

今の英会話レベルは初級ですか?中級ですか?

今の英会話力は、試験の結果だけでは把握できませんし、人其々に聴き取れる力と話せる力のレベルも異なります。

英会話力はコミュニケーション力

英会話をある程度学ばれると、挨拶や普段の生活のことなどの簡単な意思は伝えられるようになりますが、
皆さまが本当に求めている事は、世界中の人々と「対等」に、そして「より深い」会話が出来る英語コミュニケーション力だと思います。

「基礎英語力」≒「正しい理解と習得」ですが、

日本人の英語学習者は正確性を重視する傾向が非常に強い事が寧ろそれを難しくしている面もあります。

発音や文法の正確さも勿論必要ですが
目標にしている英語コミュニケーションの実現のために必要な事は「ネイティブと同じ発音力」でも「文法の正確さ」でもありません
必要なのは「思考力」「分析力」そして「意思能力」です。

非英語圏出身の外国人の生徒さんに英語コミュニケーションを重視したレッスンを行い、
日本人の生徒さんは正確さを大切にされる方が多い事もあり、「正確さ」、つまり文法や発音などの段階的な習得を重視するレッスンを行ってきましたが、1年後に英語が流暢に話せるようになるのはいつも外国人の生徒さんでした。

海外の方は、聞く事・伝える事を重視し伝わるまで工夫しますので、同じ時間内での発言量が日本人に比べて多くなり、
伝わる単語や発音を確認する頻度や習得する量が圧倒的に多くなります。

理想的な基礎英会話力育成方法として

文法や英会話表現を体系的に学べるカリキュラムをベースに、
常に「聴く・話す=伝わりあう(試行錯誤しながら、体感し整理し長期記憶できる)」ことを重視した学習方法をお薦めします。

私、Neigeの基礎英会話力養成レッスンは

以下のカリキュラムを基本に、自然な英会話に必要な文法や語彙を学びながら
コミュニケーションできる基礎英会話力を身に付け、段階的に表現力を向上させていくオンライン英会話レッスンです。

・初級コース(お子さま、全くの初心者の方向け)
第1回 色を知って、好きな色を言えるようになろう
第2回 1~10まで数えられるようになろう。自分の年を言えるようになろう。
第3~4回 果物や乗り物、動物、文房具の名前を覚えよう
第5回 自分のものを伝えてみよう
第6回 たくさんの仕事を知ろう
第7回 物がたくさんあるときの言い方を覚えよう
第8~11回 出来ること、好きなもの、持っている物、欲しいものを言えるようになろう
第12回 自分がやるスポーツや弾ける楽器を言えるようになろう
第13回 場所の名前を知ろう
第14回 お店でいくらですかと聞けるようになろう
第15回 誕生月を言えるようになろう
第16回 身体のパーツを知ろう
第17回 天気を言えるようになろう
第18回 色んな形を知ろう
第19回 行きたいところを言えるようになろう
第20回 食べたいもの、飲みたいものを言えるようになろう

・中級コース(中学英語の基礎から学びたい方向け。英検5級程度)
第1~3回 3単元 “has” “goes” “likes” を使えるようになろう
第4回 自分のなりたいものを伝えてみよう
第5回 いろいろな形容詞を使って、伝え方を学ぼう
第6回 2つのものを比べて、「○○のほうが好きです」と伝えてみよう
第7~13回 過去形を使って「○○にいたよ」「○○していたよ」「○○に行きました」
「○○を勉強しました」「○○を壊しました」「○○を買いました」「○○を食べました」と伝えてみよう
第14回 betweenなどを使って、建物や物の位置を伝えてみよう
第15回 ”Look at ○○” を使って、「○○を見て」と伝えてみよう
第16回 sometimesなどの頻度を表す英語を使えるようになろう
第17回 具合が悪い時に伝えられるようになろう
第18回 2つ以上のものを比べて、「もっと○○だ」「○番○○だ」と伝えてみよう
第19回 英語で電話をかけてみよう
第20回 ディズニーランドに行ったつもりで、会話をしてみよう

・上級コース(中学英語上級。英検4級程度)
第1~2回 比較級・最上級の文を使えるようになろう
第3回 人より出来ることを伝えてみよう
第4回 Why?と聞かれて、理由を答えられるようになろう
第5~8回 ”both A and B”の”more ○○ than””as ○○ as”の使い方を知ろう
第9回 使い方・仕方が分からない時の言い方を練習しよう
第10回 楽しんでいることを伝えてみよう
第11回 自分にとって簡単なこと・難しいことを伝えてみよう
第12回 行ってみたい国を決めよう
第13回 興味があることを伝えてみよう
第14回 どれだけ時間がかかるかを伝えてみよう
第15回 忘れ物をしたときの言い方を覚えよう
第16回 「○○している人を見た」と伝えてみよう
第17回 「○○したことがあります」と伝えてみよう
第18回 どのような場所か伝えてみよう
第19回 「○○している人を見て」という言い方を知ろう
第20回 自然に関する言葉を知ろう

■オンライン英会話スクール[大人の英会話倶楽部]のNeige先生のレッスン■

米国留学などで英語習得後、英会話スクール講師を長く経験。 現在はフランスにて、アメリカのオンライン大学で経営学を学び且つフランス語習得中。
・ニューヨーク州立大学留学
・関西外国語大学短期大学部英米語学科
・慶應義塾大学文学部第1類(哲学専攻)
・University of the People (アメリカのオンライン大学)で経営学を勉強中
・TOEIC、TOEFL、英検

■日本人講師:Neige先生のオンライン英会話レッスン(プロフィールとレッスンスケジュール)

■教えてNeige先生!先生の英会話習得法とオンライン英会話レッスン