初級英文法

オンライン英会話初級者の方にお薦めしない勉強法[必見解説]


英会話初心者のご利用が多い大人世代のオンライン英会話[大人の英会話倶楽部]の今回のテーマは、オンライン英会話初級者の方にお薦めしないことです。オンライン英会話を効果的に活用するコツ、失敗しない使い方、失敗しないオンライン英会話スクールの選びかたです。

目次
■オンライン英会話勉強方法で失敗しないコツ
1. オンライン英会話だけでなく、自習との組み合わせが大切。
2.積み重ね学習ができる講師・スクールを選ぶこと
3. 多くのことを学ぼうとしない。まずは、3つに集中しましょう。
4.日本人講師を効果的に活かすこと
■「無料テキスト」から「良質な英会話教材」での学習への切り替えがポイント
1. 英会話初級者の方は難しい教材にチャレンジするのはNG。
2. 良質な教材を選びましょう。そして先生とスクールの選び方
■お客さま其々に「よいレッスン・学習法は違う」という事。
■お薦めしたい事は日本人講師からマンツーマンで愉しく学ぶ学習法

英会話の習得にどうしても欠かせない事は、実際に「英語を話す機会」です。

独学で文法や単語は覚えられても、発音や英会話表現は英会話を習得している方とお話ししてみないと「正しく発音できているか、自然な会話として相手に伝わるか」は分りません。間違いに気づかずに間違いを定着させてしまう日本人が英語を難しくしてしまっている学習方法といえます。
昔は、多くの方にとって話す機会が得難く、なかなか上達が難しい状況でした。
英会話スクールはお安くは無いですし、グループレッスンや週1~2回のレッスンでは、話す機会としては全く不足していますので、多くの方が、相当な御苦労をされていました。

今、安価で良質なマンツーマンの英会話学習の機会がオンライン英会話という形で身近にあり、上達の環境は随分改善されています。

■オンライン英会話勉強方法で失敗しないコツ

1. オンライン英会話だけでなく、自習との組み合わせが大切。

オンライン英会話ご利用者が増えていますが、
独学だけのデメリット同様、”オンライン英会話”だけで学習されるのも、良し悪しがあり
自習とオンライン英会話レッスン、インプットとアウトプットをバランスよく組み立てられることをお薦めします。

お子様が日本語を習得したように、何度も繰り返し聞き話しながら覚えていく方法もあります(それも、身近に日々利用できるオンライン英会話のメリットです)

ただ、分からないことを分からないまま進めていくことは、大人の英会話勉強方法としては効率が良くないかもしれません。少し(主体的に)予習する、分からなかったことを復習するサイクルを作りましょう。
独学もオンライン英会話も、やりっぱなしが失敗の代表事例になります。

2.積み重ね学習ができる講師・スクールを選ぶこと

自習が大切とはいえ、なかなか、文法書や単語を習慣的に勉強するのは難しいことです。

初期の語学学習において一番大切なことは、講師を頻繁に変えないことです。
同じ先生であれば、生徒の課題や要望を理解し、プロとして的確な指導ができます。一方で、プロであっても、数回のレッスンでそれを見極めるのは容易ではありません。
毎回、挨拶と会話練習だけの繰り返しでは、時間の無駄
[テキスト学習なので、講師は変わっても同じ]は全く違います、テキストが何か以上に、講師が生徒の課題を理解して、適切な指導ができるか?の方が大事。
そこがオンライン英会話の最大のメリットであり、そのような学習環境を上手く作れるかが鍵になります。

前回のレッスンの復習、今日の課題、次回への宿題など、予習復習のサイクル、つまり英語学習の全てをプロに講師に任せられるようになれば、上達スピードは一気に上がります。

オンライン英会話は、講師の設定したスケジュールを選択する仕組みですので、お互いの都合や事情で、1名の講師に絞ることは困難ですが
少数特定の講師との継続レッスンができるか否かが、上達の決め手。

大人の英会話倶楽部は、14回先まで予約可能、ポイントの利用権も90日間。ですので、ご利用者の多くは、少数特定の講師との継続・積み重ねレッスンを行われています。

多くの英会話スクールは月額課金、1日1回レッスン、予約制限1回のみなど、毎回講師を変えざるを得ない仕組みが多いようですが、

  1. 月額課金って、利用していないのに受講料金が必要?
  2. 有効期限1ヶ月間って毎月無駄な費用が発生するってこと?
  3. 予約保持数1回や2回だと、毎回コーチが変わる、超非効率。

それらは、受講者にとっては、とても上達しにくい仕組みです。

3. 多くのことを学ぼうとしない。まずは、3つに集中しましょう。

  • 基本的な英語の文法理解と最低限必要な語彙
  • 考えなくても(英作文不要で)発話できるお決まりのフレーズ
  • 伝わる発音・コミュニケーション術

中学1〜2年生で学んだ文型や語彙を(組み合わせ。入れ替えながら)テンポよく会話できるようになれば、初級卒業(CEFR A2レベル)です。
分厚い文法書も、TOEIC参考書も、数千語彙の単語アプリも必要ありません。
NHKラジオ講座の[基礎英語1, 2]相当の学習を繰り返し、見聞きすることを繰り返す方が大切。
最低限、身近な日常のことであれば、海外の方とコミュニケーションできるレベルに達します。

[中学英語の参考書と単語]と[オンライン英会話]・・それだけでOKです。
参考書も単語帳も最低3往復。[教材数]よりも[繰り返し回数]。

4.日本人講師を効果的に活かすこと

英会話中級以上になると、ネイティブの講師のレッスンや、より多くの講師との会話はとても意味があります。
しかしながら、英会話初級者の方には、まずはより早く英会話の基礎を身に着ける勉強法を優先することをお勧めします。

オンライン英会話の利用失敗例:レッスン時間の殆どが[テキストの音読]だけ。
何かテキストがないと不安ですが、コミュニケーションスキルが初級の段階で、分からないことも聞くことが難しく、言われていることも理解できない。分からないことが解決しない勉強方法はお勧めできません。分かっている事を使いこなせるようにする学習方法を定着させましょう。

初級脱出のために、習得しなければいけないことは明確。

ならば、それを教えてくれる、そして理解しやすい[日本人講師]のレッスンを生かす方が、結果的に早く条件を満たすことができます。

フィリピンの講師の場合は、日本語ができる講師がお勧め
大人の英会話倶楽部の無料教材[おとなの入門英語)は、中学英語文法の総復習も行えます。
日本人講師の場合は、英会話初心者のレッスンに習熟していますので、テキストありきではなく、お任せでよいと思います。
(初級日本語習得中にお子様がお母さんに、日本語学習方法の要望は言わないですよね、プロにお任せ)。

大人の英会話倶楽部の場合
[経験豊富な日本人講師、そして、14回先まで予約可能]で、
日本人講師と継続レッスンで、講師は、あなただけのカリキュラム。レッスンを行えます。完全オリジナル・それが無駄のない英会話習得方法です。

学び5

■「無料テキスト」から「良質な英会話教材」での学習への切り替えがポイント

大人の英会話倶楽部も含めて多くのオンライン英会話スクールでは「無料テキスト」があります。

その多くは、平易な日常英会話の事例集で、オンライン英会話の導入として価値があります。
ある程度、基本レッスンに慣れてきた段階で、
「無料テキスト]+独習の形や
課題に応じた専門教材との併用
良質な英語教材をベースに・・など、お客様の目標や課題に合った「レッスン内容(教材)」をご検討させることが大切かと思います。

1. 英会話初級者の方は、平易な文法や語彙の習得を丁寧に。難しい教材にチャレンジするのはNG。

英会話初級の方でも随分状況は異なります。
英会話学習が初めての方も、文法はある程度理解しているがお話しする機会が少なかった方も。
更に、日本人で多いのは、読み書き中級、平易な聴く・話すコミュニケーション力初級の方です。

国際基準のCERFの中級(B1,B2)は、
B2:社会生活上の幅広い話題について母国語者と自然に会話ができる
B1:身近な話題について理解し、自分の意思とその理由を簡単に説明できる。ですから
欧米のお子様向けの映画やドラマを、子ども達と同じように聴き取り、話せるようになる事。つまり
難しい事ではなく、平易な日常英会話を理解し話せる[会話の創造力]を養う事が上達の近道だと思います。
今や非ネイティブの方が多い中で、伝統的なネイティブ英語に拘られている方も未だ、多いように感じますが、世界に通じる言語としての英語はシンプル化していますし、初級の段階から尊敬語や謙譲語も覚えなければの様に考えるよりも、まず、コミュニケーションできる段階を経て、段階的に大人の学んでいく普通の言語習得プロセスの方が愉しく上達も早いと感じます。

基礎文法が未だ危うい段階で英会話の実践学習だけでは非効率ですし、
基礎文法や日常生活での基本表現を理解されていて此れからその表現を磨いていく事が大切な段階で、必要以上に負荷の大きい教材で学ばれることもお薦めできません。

「知っている」でなく「自然な大人の英会話を習得する」ために、今の状況にあった「教材の選択」と「勉強法」が大切になります。

2. 良質な教材を選びましょう。そして先生の選び方

教材を一から説明されるうちに25分間過ぎてしまうレッスンでは、学校時代の授業や独習とあまり変わりません。よいコーチとのマンツーマンオンライン英会話はお客さまにあった英会話学習であるべきだと思います。
よい先生のスクール、よい先生選びがとても大切になります。
そして、レッスンのクオリティーを高いレベルで維持するためには、考えつくされた良質な教材も重要なポイントになります。

■大切な事はお客さま其々に「よいレッスン・学習法は違う」という事。

25分間のレッスンで
正しい英会話のアドバイスを重視される方
少しでも「話す(アウトプット)」時間を優先したい方
コミュニケーションを愉しみたい方、etc.

講師はお客さま其々に合った英会話上達の為のレッスンを行います。
それはお客さまのご希望にマッチして“継続”していただきやすいレッスンでもあります。
よいレッスンを創るのはお客さまと大人の英会話倶楽部のスタッフ、講師のチームワークです。
どんな勉強方法が?どのようなレッスンが?講師は誰が??、ご不明な点、ご希望は[お問い合わせフォーム]や[Skype]で是非お聞かせください。

■お薦めしたい事は日本人講師からマンツーマンで愉しく学ぶ学習法

英会話の習得には、基礎文法や語彙の習得(インプット)と話し身に付ける(アウトプット)のバランス学習が欠かせません。
多くの方にとって・・インプットはできるけどアウトプットの時間や自信が無い。或いは、何れの時間も安定して継続していく事が難しいのではないでしょうか?
オンライン英会話を英語学習の中心にしてインプットもアウトプットも同時に行えて、愉しく継続できるならば、それがベストな学習方法になります。
日本語講師や日本語が出来る先生ならば、昔学校で習ったけれども忘れてしまった、理解できなかったポイントを、わかりやすく丁寧にご説明できます。私たちの英語学習上の課題や悩みに対しても効果的な学習が期待できます。
日本語で説明を聞き理解しながら、話し身に付ける事もできる学習方法です。

英会話初級の方のおすすめ英語勉強法