タグ別アーカイブ: オンライン英会話評判・ランキング記事まとめ

アクティブシニアの英語教室

オンライン英会話年間新人賞(新スクール賞)受賞

オンライン英会話の大人の英会話倶楽部が、オンライン英会話スクール比較 BestChoiceさまの[2014年 第二回BestChoice年間大賞]で新人賞(新スクール賞)をいただきました。
今年も50社以上の会社がオンライン英会話サービスを始められているとの事で、選考理由が、お客様からの口コミ評価や、スクール情報を取材して掲載してほしいなどの声があったとの事、心より感謝・感激しています。
皆さまのご期待に少しでもお応えできるよう努力してまいりますので、今後とも、ご支援宜しくお願い申し上げます。

オンライン英会話スクール比較 Best Choiceさま
【2014年】第2回オンライン英会話スクール比較 BestChoice賞の発表のページ

英会話スクールへの質問・疑問

[講師へのメッセージ[レッスンアドバイス][この講師へのメッセージ][口コミをする]の違いは

オンライン英会話の講師への伝言機能として3つございます

[レッスンアドバイス]は、

レッスン終了後翌日には、担当した講師がお客様にフィードバックいたします。
予約が入った講師は過去のお客様のレッスンアドバイスを閲覧でき、レッスンの前に確認することになっています(※)

講師は、ご予約いただいたお客様のプロフィール内のニックネーム、SkypeID、目的・希望・趣味。TOPICS・要望と、この[レッスンアドバイス]を閲覧でき、過去のアドバイスを確認することで、お客様のレッスン内容や課題を理解して、レッスンの継続性(準備)や効果アップに役立てています。

[レッスンアドバイス]にお客さまが記載することで以降の講師も確認し共有出来ることになります。メール配信などで伝える機能はございませんので即時性はなく(事務局にて転送なども行っていません)、レッスンのアドバイスと混在しますので、確実性は劣りますが、掲示板的に多くの講師と共有することができます。

※ただし、予約の時間や講師のスケジュール上、必ず、閲覧できる訳ではございませんので、レッスンの内容などについて事前に講師に伝える場合は[講師へのメッセージ]をご利用ください。

※プライバシーに関しては留意しておりますが、講師が判断できないこともあり、記載が不適切な内容の場合はご連絡ください。該当箇所を削除いたします。

※なお、他の講師に受講履歴が把握できる事により、講師(予約)の変更なども講師に伝わりますが、お客様其々にご都合やご利用方法があり講師も認識していますので、お気遣い無きようにお願い致します。

続きを読む

英会話スクールへの質問・疑問

講師やレッスンの[クチコミ]の方法や閲覧権は?

オンライン英会話レッスン終了後は、皆さまのクチコミが他のお客さまのよりよい講師選択に繋がりますので是非、講師やレッスンの内容についてクチコミをお願いします。
講師其々に魅力が有り、他のお客さまの参考になるクチコミをお願い致します。
もちろん、良くなかった事もご記載ください。講師其々に得意分野があり、何が良く、あるいは、何が期待とギャップがあったのかもとても貴重な情報になります。
講師にも失敗はありますので、厳しいご意見には必ず改善の努力をしてまいります。
プライバシーに該当することや誹謗中傷など[利用規約]の禁止行為に該当する、あるいは、明らかに「講師へのメッセージ」など講師個人へのメッセージが目的と判断されるなど文章など、事務局が一般公開を判断いたします。

※現状、投稿の確認は1週間程度毎に行っています。
※投稿いただく際は一般公開をご承諾の上、お願い致します。 続きを読む

大人の英会話倶楽部の公式ブログロゴ

大人の英会話倶楽部を掲載いただいているオンライン英会話比較サイト一覧リンク

オンライン英会話の大人の英会話倶楽部はシニア世代の方にも安心してご利用いただけるスクールであることを大切にしています。多くのオンライン英会話比較情報サイトさまに掲載いただき、ご利用者様の口コミ評判も掲載されています。
オンライン英会話スクールは多数あり其々に特徴がございます。
大人の英会話倶楽部の利用をご検討のお客さまには、比較情報サイトなどの口コミも是非参考に、様々なスクールの特徴を比較検討される事をお勧めいたします。
大人の英会話倶楽部運営スタッフ、講師一同、お客さまに選んでよかったとご評価いただける様に一層の努力を重ねてまいります。

■オンライン英会話スクール比較サイトBestchoice
http://eikaiwa.eq-g.com

■オンライン英会話スクール比較サイト 続きを読む

初級英文法

ネイティブか非ネイティブか・・スカイプ英会話

ネイティブな英会話の文脈で一般的に言われるネイティブとは英語を母国語とする国の人だと思います、
ロスやニューヨークでは非ヒスパニックの白人比率は3割程度で、アメリカは多様な国の人が集まった国です。米国内でも地域によってもかなり独特のイントネーションの違いがあります。
国により発音だけでなく語彙の概念すら異なる事もあり
もちろん、日本語同様に世代間での違いもあります。
英国では生活環境などによっての違いがあります。

海外2

地域的或いは社会的な変異を繰り返しているのが英語(米語)であり、

英会話学習で言う「ネイティブ」と言う括り方は、極めて狭い民族や社会的な環境に属している人の事を指すのでなければ、表記の英語を母国語にする人、つまりアメリカやイギリスやカナダやオーストラリアに住んでいる人が使っている言葉という捉え方では少し適切ではない事が起こりえます。

世代や地域により様々な英語を話す人に共通して理解しやすいサポートをしないといけないグローバル企業のコールセンター(お客様サポートセンター)がフィリピンに集積している現実があります。それは、いわゆる、フィリピンの一部の人が平易な標準語を話すことができることを表しています。もちろん、コストの違いも大きいですが。
その言葉は狭義でのネイティブに近く、正しくは世界言語と言えます。

フィリピンはビジネス英語力スコア(※)が世界一と評価されています。

続きを読む