文字のサイズ 

大人の英会話倶楽部の[講師詳細]:日本人講師のNONI先生

TOP講師一覧 > NONI先生の講師詳細

NONI 先生のプロフィール

NONI 先生
point:600pt
  • 出身国:
  • 居住国:イギリス
講師名 NONI 先生
国籍 日本人
特徴 【無料レッスン体験におすすめ】, 入門・初心者の方におすすめ, 【日本語が話せます】, フリートークに, 初中級の方に
教材 日常英会話Q&A(dialogclub), 入門英語会話集Otonyu_dialog, おとなの入門英語(Otonyu), English Tree(シニアのための, 対象教材なし
自己紹介 >> ☆ 5月後半のスケジュールUpしました♪ ☆ >> [先日Covid-19のアストラゼネカ製ワクチン接種をしました。接種から副反応までをブログに纏めたので、ご興味がある方は一番下記「講師紹介ページ」のリンクから入ってご参照ください ]
☆こんにちは!はじめまして!
私はNoniです。在英22年目、英国北部ヨークシャーの田舎に住んでいます。私は日本人ですが、帰化しているので国籍上はイギリス人です。
そんな日本人なんだかイギリス人なんだか、ごちゃ混ぜ何でもありの私なので、レッスンは日本語も英語も両方交えて楽しいのが一番大事!!『超初心者✨・初級✨』の方大歓迎です!

☆ここからは私の英語習得までの回想記?になります。
何度挫折しそうになったか分からないですが、これから英会話を始めようという方へ、怖くても踏み出したその一歩で広がった私の人生の話です。私は40歳過ぎてから大学へ入学しました。

約22年前にロンドンの旅行専門学校に通うために渡英しました。
通学しながらマレーシア系の旅行会社でアルバイトを始めました。ロンドンは人種のるつぼ、いろんな国の人たちがオフィスで働いていました。人の数だけ訛りやアクセントも違うので英語がさっぱり聞き取れなくて悩みました。
聞き取れないので話すのも怖い、けど何とかしなくちゃと思い、最初のお給料でまず一番安い14インチのテレビを買って、子供番組を毎朝観ながら聞き取りとフレーズの練習をしました。
(初めは幼児用番組なのに聞き取りが出来なくて凹みました)
ボキャブラリーを増やす為、夕方はクイズ番組を観ていました。
そうやって少しづつ英語に慣れていきました。

幼少の頃、伯母から貰った「秘密の花園」という本が大好きで、何度も繰り返して読んでいました。
その本の舞台はヨークシャーでした。
ロンドン生活にも慣れてきた頃、ずっと心の底にあった『ヨークシャー』というところを見に行ってみようと出掛けてみました。
5月初めの週末、2泊3日で訪れたヨークシャーは一面黄色の菜の花畑、森には紫のブルーベルが沢山咲いていて、一目惚れ!
翌年、仕事を辞めてヨークシャーへ引っ越ししました。

私が住んでいる街には有名はカフェ・ティールームがあって、そこで調理アシスタントとして働き始めました。
キッチンの中はオーダーが入ったら急がなければいけないので指示も早口なのです。しかも調理器具等の騒音の中、はっきりと聞こえない。しかも上司の英語は北部訛りが強すぎる。。
最初の3ヶ月くらいは3回くらい聞き直しをしていました。
(今思えば、何度聞いても嫌な顔一つせず繰り返してくれた上司に感謝です。)
フルタイムで仕事をしながら調理師免許を取るために調理師専門学校へ2年通いました。クラスメイトの国籍は様々、アクセントも様々でした。
ここまでくると、英語っていうのは、自分の発音は大して誰も気に留めないと悟りました。イギリスにはBBCのキャスターが話すような正統派の発音があります。でもイギリスは国土面積の割に発音や訛りの地域差が大きく、人々はそれを独特の文化として誇りに思っています。また多くの移民が居りそれぞれ母国語訛りの英語を話します。
私自身の発音も日本語、中高生時代の英語の授業やアメリカ人の先生に教わったアメリカ英語、ロンドンへ行く前行ったにニュージーランドの語学学校、イギリス英語(+ヨークシャー訛り)の影響を強く受けています。
[*レッスンではニュートラルなイギリス英語で進めます。]

イギリス英語はアメリカ英語と違って”R"を巻き舌で発音しません。また”T"の音もハッキリと発音します。
よく例に出される”Water"という発音も、アメリカ英語だと"
ワァラ”のように聞こえますが、イギリス英語では”ウォタ”と発音されるので、日本人の耳には聴きやすく、また発音がし易いのです。

さて調理師の資格を取り、イタリアンやフレンチのカフェやレストランでシェフ&パティシエの仕事をしていましたが、ある転機が訪れました。
それが東日本大震災です。
その日、たまたま日本の両親へ電話をしたのですが繋がらず、不安に駆られてテレビを点けたところに津波の映像が飛び込んできました。
実家は壊れてしまったものの、幸い両親は無事でした。
この時、人生いつ何が起こるか分からない!やりたい事は直ぐにやるべきだ!と思いました。
中学生の時、吹奏楽部でクラリネットを吹いていました。
音楽もクラリネットも大好きでしたが、田舎すぎてクラリネットの先生も居ないし、今のようなオンラインレッスンも無い時代です。
続けることは叶いませんでした。
それから20年以上経って、この震災で後悔のない人生を送る意味の大事さを感じ、生活に追われて心に鍵をかけていた「大好きなクラリネットを吹きたい」という思いを解放しました。
早速クラリネットの個人レッスンの先生を見つけ、週に一度レッスンに通い始めました。

子供の頃ピアノを習っていたので楽譜は読めました。
ところが、レッスンで先生に「この曲のキーシグネチャーは何ですか?」と聞かれ、質問の意味が理解できませんでした。
そういえば音符の読み方も英語では知らないことに気付きました。
自分では英語はもうあまり問題は無いと思っていたのに、また底の見えない沼の淵を覗き込んでいるようでした。
40歳過ぎてから、また振り出しに戻る気持ちでした。
仕事の合間に音楽理論を独学し、英国音楽学校協会(ABRSM)の音楽理論グレード5に合格しました。

音楽への興味と情熱が止まらず、いつか音楽大学で勉強したいと夢が膨らみました。
近場の音大のオープンキャンパスデーに参加して、音大受験要項を尋ねたところ、社会人で音楽理論グレード5以上の試験に合格していれば、オーディションが受けられると言われ、その時まだ空席があるので試しに受けてみたら?と勧めらました。
ダメ元で受験したところ、幸運なことに合格し40代後半にして憧れの音大生になりました。
同級生は年齢は様々でしたが、全体的には自分の歳の半分くらいの学生が多く、友達が出来るか不安でしたが杞憂でした。
しかし、再び音楽理論・和声の授業の初日からさっぱりついて行けず落ち込みました。
英語が分からないわけでは無く、授業そのものが難しくて分からなかったのです。
ここで音楽を専門として勉強してきた歳下の同級生達との差を感じ早くも落ちこぼれなのかと涙が出ました。
先生にすぐに相談したところ、実は他の同級生達も授業が難しくて分からないと相談に来ていることを知りました。
結論から言うと、先生の指導や勉強の成果もあって何とか全ての教科に合格、無事大学を卒業することが出来ました。

英語に限らず、新しいことを始める時は勇気がいるし、なかなか上達しない自分に苛立ちさえ感じることもあります。
でも、ちょっとずつ前進はしているのです。
私は何事も毎日1mmだけ前進するのを目標として生きています。
沢山は無理なのでたった1mm、でも10日で1cmになります。
英単語だって一日1個、10日で10個です。
10個覚えると最初の半分くらいは忘れてしまうかもしれません。
でも、それは単語を忘れたのでは無く、しまった引き出しがどれだったか忘れてしまうだけなので、何かの拍子に「あ、そういえばこの単語見たことがある!」と現れることがあります。
そういうことの繰り返しを学習だと思っています。

私は今まで沢山の人たちに助けられながら英語を学んで来ました。
ロンドンに来たばかりのころ、カフェでバニラデニッシュを注文したら何度言っても理解して貰えませんでした。
ネイティブの友人(現夫)と苦手な”V"の発音練習をして、3日後再び同じカフェでバニラデニッシュを注文、一発でバニラデニッシュとコーヒーが出てきた時には勝利に酔いしれました(笑)

イギリスでは知らない人同士であっても、すぐお喋りが始まります。
バス停で待っている時、電車やパブでたまたま隣に座っただけでお喋りが始まってしまいます。
何気ないお天気の話から始まって、ホリデーの話や家族の話やら難しい話では無くとにかくお喋りが大好きなのですね。

ずっとこんな環境で生活してきたので、私のレッスンではお天気や簡単な事から少しづつ話題を広げていく練習をします。
かつての私自身がそうであったように、少しづつ言いたいことが話せるようになる事、相手に通じる事の楽しさや嬉しさを感じられるお手伝いが出来たらいいなぁって思います。
お友達とお喋りをするような肩の張らないトークが出来るようになることを目指します。

☆私のレッスン目標
1. 話すのが怖いという気持ちを軽減すること。
初対面の人と話すのは怖い(私も怖いです)、間違えるのが怖い、言いたい事が言えないのでもどかしい、発音が通じなかったらどうしよう、相手の返答が理解できなかったらどうしよう。。etc

私には日本語を勉強しているイギリス人の友人がいます。
たまたま日本語を話す機会があっても、初心者の彼女は怖くて話せません。何人であっても外国語を話すのは怖くて勇気が必要なのです。

2.楽しいと思えること(←これが一番大事!)
英語で会話が成立した時、言いたいことが伝わったとき、知らなかった知識を得たり、新しい経験を得ることで楽しいと感じられなければ、続けられないと思うのです。レッスンの中で何か新しい扉を開けるワクワク感を感じて欲しいと思っています。

私のレッスンは特に【初心者/初級者〜中級者】の方々を対象にしております。
『英会話が初めて!』という方や『超初心者』の方大歓迎です♡
片言でも、ノートを見ながらでも構いません。
レッスン前にどういうレッスンをご希望されるのかを相談いたします。前もって話題を決めて準備をしていただくこともできます。
最初のレッスンでは苦手な部分や伸ばしたい部分の勉強法や今後のレッスンプランについても一緒に考えます。

[基本的に既存のテキストブックは使いません。初回のレッスンで英語力を伸ばすのに一番必要と思われるもの、文法だったり単語だったりを相談したり見極めながら、お一人ずつご希望に添えるような私なりのテキストを作ったり、必要な資料を用意して次のレッスンに使います。]

レッスンの中では、知りたい単語や言いたい事に一番近いニュアンスの表現をお伝えしたり、発音やフレーズの練習をしていきます。
私はイギリス英語話者なので、レッスンはイギリス英語の表現で説明をしますが、アメリカ英語とイギリス英語のスペルや発音の違いなども取り入れています。話す速度はご希望で調整しますが、大抵は最初からゆっくり話します。

『イギリス英語とアメリカ英語の大きな違い』

どちらを話しても大抵はお互いに理解できます。
発音の違いが大きいと思われるかもしれませんが、イントネーションも大きく違います。
言い回しはアメリカ英語に比べてイギリス英語は回りくどい(笑)と言われます。
これは、「Noと言えない日本人」と同じで、「Noと言えないイギリス人」だからなのです。
イギリス人は相手に面と向かって「No!」と言うのを嫌うので、曖昧にお茶を濁すことを良しとします。
人にお願いをする時とかも「お忙しいところ大変恐縮ですが、もしお時間をいただけましたら。。」のように気を使う丁寧な言い方を好みます。
日本人は「Sorry」と言い過ぎると言われますが、イギリス人も連発します。
このような日本人とイギリス人の共通点があるので日本人がイギリス英語を話す方が割と気負わずしっくりくるのです。

レッスン中の会話はご希望で英語か日本語か選べますが、英語であってもいつでも日本語で説明を致します。
レッスン中に出てきた新しい単語や表現については、レッスン後にフィードバック(レッスンアドバイス)としてお送りいたします。

*-*-*♡♡♡*-*-*
さて、ここで英会話を始めましょうということになって、まず何の話をしたいのか?ということに焦点を当てていきます。
英語を勉強するきっかけはどれぞれあると思いますが、英語を通じて海外と繋がる接点を持ちたいという共通点はあるかと思います。
そこでフリートークのアイデアとして具体的な話題作りについていくつか提案させていただきます。

☆Noniのタンスの引出し『イギリスならではの話題+有り得る状況話題』☆
①私はロンドンの旅行専門学校で観光ガイドの勉強もしました。
ロンドンの旅行会社勤務時もイギリス国内やオランダなどへ現地係員や添乗員として同行していた経験があるので、旅行関係の会話は得意です。空港やホテル、駅で切符を買ったりといった旅行英会話をロールプレイングで練習しましょう。
またイギリスの観光地や名所、歴史について知りたいことをトピックにして会話をしましょう。

②私は元プロのシェフ・パティシエなので、食べ物の話題が得意です。食べ物がまずいと言われるイギリスでも実は昨今は美食家が増えており、スーパーなども食材が豊富です。
イギリスの伝統的な食事はパブなどで食べることが出来ますが、地方色が強い郷土料理が沢山あります。
お菓子もアフタヌーンティの紅茶やスコーン、ビクトリアスポンジなどのお菓子秘話?が沢山あるので、食文化に興味がある方はその話題を一緒に勉強しましょう。

③私はクラリネットやクラシック音楽が大好きなので、お好みの方は音楽の話題で会話を楽しみましょう。
イギリスやヨーロッパには多くの音楽ホールがあり頻繁にコンサートが開催されています。(現在は無念コロナで休業中ですが)
歴史的建造物も沢山ありますし、ロンドンのロイヤルアルバートホールで毎夏開催されるBBCプロムスは夏の風物詩として大変有名です。
またヨーロッパのコンサートホールへ行ってみたい方は「いざ、コンサートへ行こう!」というロールプレイングな会話を楽しみましょう。イギリスならではのマナーなどもお話しします。

④私はジャックラッセルという犬3匹と生活しております。
イギリスは動物保護に力を入れているので、そういう動物の話題はいかがですか?ヨークシャーの田舎は周りは羊や馬や牛だらけ、野ウサギやハリネズミもいます。
野鳥の種類も多く、我が家の庭に吊るしたバードフィーダーにも毎日沢山の鳥がやってきます。
動物や鳥がお好きな方、そのような話題での会話はいかがですか?

⑤イギリスは園芸大好き国家なので、ガーデニングを楽しむ人たちが多いです。地方はもちろんのこと、ロンドン市内にも大きな公園がいくつもあって人々の憩いの場になっております。
2月頃からスノードロップが咲き始め、あちこちで一面のクロッカス、水仙が咲き乱れます。暖かくなるにつれブルーベル、菜の花、メイフラワー、そして薔薇というように季節の花に溢れています。
イングリッシュガーデンなど、ガーデンニングに興味がある方、植物の話題でぜひ会話をしましょう。

⑥その他イギリスの生活事情
日本とイギリスでは生活様式に違いがあります。
イギリスの家は古い家が多く築100年以上はザラにあります。
家を購入する場合は中古物件を買って中だけ改装します。家と庭はセットで売られています。
家が古いので暖炉や煙突がついている家も多く、暖炉は現役で活躍してます。
このような生活様式の違いなど、日本との比較とする話題も楽しいものです。

⑦日本で英語を話す機会が突然やってくる
日本の観光地などで、外国からの観光客に話しかけられた時の会話をロールプレイング方式で練習します。
例えば、道を聞かれた時の案内の仕方、観光地やお店について聞かれた時の説明の仕方などです。
これは普段の生活でいつ何時あるか分からないので、練習しておくと役に立つ日が来るかもしれませんね。

⑧朝起きて寝るまでの行動を英語で話す(初心者さんへお勧め♡)
自分の行動を英語で表すのは意外に難しいです。でも毎日のルーティンなので、繰り返す返すうちに覚えていきます。
人の行動はフレーズ動詞という動詞と目的語や補語が一緒になっている表現を使うことが多いのです。
例えば、朝最初の英語表現は目を覚ます(wake up)、そして起きる(get up)というように、単語のwakeやgetだけでは意味曖昧なので、wake up やget upのように動作のフレーズをセットで覚えていきます。
こうやって、一日の行動に対する英語表現を増やしていくと他の話題にも対応していけるようになります。
イギリスでは週始め月曜日に友人達や上司から"How was your weekend?(週末何してたの?)"と挨拶のように聞かれます。
フレーズ動詞は「買い物に行った(I went shopping.)」のように時制を変えて言うことが出来ます。
時制は行動の時間帯を変える質問をすることで練習していきます。
外国人のお友達が居て、日常の会話をしたい方にもいい練習になります。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
❌対応出来ないこと
英検やTOEICなど試験対策はできません。
(私自身が試験の傾向等を全く把握していないからです)
アメリカ英語の発音。
ビジネス英語や下調べが必要な専門用語の多い上級英会話は対応出来ません。
また、上級者の方はネイティブの先生とお話しする方が更に英語力が伸びると思います。
高校生未満。(日本の中学校の英語学習状況が分からないので)
論文等文章添削。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
私はニュージーランドの語学学校へ行ったりイギリスでの生活も長いですが、英語の試験とは割と無縁でした。
大学は外国人留学生には英語のレベルを提示する試験(IELTS)が必須ですが、私は英国人なので必要ではありませんでした。
でも、その分実社会に根付いた普通のイギリス人の日常英語に慣れ親しんでいます。
口語かつ丁寧な表現のイギリス英語を沢山の方々にお伝えできたら嬉しいです。


・Otago Language Centre, New Zealand (語学留学)
・Cavendish College, London(旅行業/IATAディプロマ)
・Thomas Danby College, Leeds(調理師/NVQ2&3)
・Leeds Conservatoire/University of Hull, Leeds(音楽学士)
TOPICS ◎日本と英国の間に現在8時間の時差があります。
(日本より8時間遅れています)

◎2コマ続けてご予約の場合、間の30分を開けず、通し(50分間)でレッスンをさせて頂いております。ご不明な点がございましたら、お気軽にメッセージを下さい。

◎イギリス生活ブログ公開中です。(講師紹介ページ)
田舎の普段の生活を書いています。イギリスの生活事情にご興味がある方、覗いてみてください♡
講師紹介ページ https://noniuk.amebaownd.com/posts/16147020

NONI 先生のスケジュール

now loading ...

NONI 先生のクチコミ・評価・おすすめポイント

  • Hello Ms.Noni Thank you so much for your teaching. I enjoyed it and interested in England. I generally understood what you told me. Because you used simple and courteous words . I practise to understand in detail. Have a nice weekend and keep your health.
  • NONI先生の授業は、わかりやすくて楽しいです。英語をもっと勉強したい気持ちになりました。
  • 話しがとても丁寧で、わかりやすくて親しみやすい先生でした。自分の能力も直ぐに察してくださり、勉強方法も教えて頂きました。これからも、ご指導いただきたいと思います。
  • 英会話スクールで挫折し、簡単な会話も出来ない状態からのスタートですが、NONI先生のレッスンなら楽しく続けられそうです。 次のレッスンが楽しみになりました。