大人の英会話スクールの質問

[フィリピン講師]☆オフィスからオンラインレッスンを行っている先生


大人の英会話倶楽部のフィリピンの拠点は、首都マニラのケソン、フィリピン大学近隣のオフィスビル内にあります。
マニラオフィスにてオンライン英会話レッスンを行っている先生は以下になります。
Glimmer /Chestnut /Yesha /Meadow/Zane/Mango/Holiday/Ekang/Frances先生

オンライン英会話レッスンは「オフィスベース」と「ホーム(在宅)ベース」、どちらが良いか?

network

オンライン英会話スクールのレッスンの提供拠点の違いとして、講師が専用のオフィスからレッスンを提供する「オフィスベース」と講師が自宅からレッスンを行う「ホームベース」があります。

全体としては大手のオンライン英会話スクールさま始め「ホームベース」が多く、語学学校など併設の拠点型のスクールさんで「オフィスベース」が多いようです。

 

日進月歩で発展しているとは言え、フィリピンと日本では交通や通信のインフラが全く異なることがポイントになります。

一般論としては、ホームベースに比べオフィスベースは、
・通信状況が安定している。
・サポート部門も常駐しているためトラブル対応などが迅速。
・教師の教育や管理が容易でレベルが均一化しやすいなどのメリットがあります。
一方で、ホームベース(拠点集中型)は
・通信インフラでは、拠点(オフィスビル)自体の良し悪しに関わらず、地域や国全体の課題もあり、
・また、台風など天災で完全休校せざるをえないリスクもあります。

「オフィスベース」か「ホーム(在宅)ベース」かの背景には優秀な先生の採用の課題があります。

・交通インフラなどの違いも大きく、マニラなど都市部の交通渋滞は深刻で、一方、地方では十分な公共交通手段が確立されていない現実があります。
その中で、オフィスへの通勤可能エリア内で採用するか、全国の優秀な先生を採用するかは
安定的に高いレベルの講師のレッスンを確保する為に、大手スクールさん中心にホームベース型が多い理由の一つになっています。
勿論、都市部と地方の給与水準や雇用機会の格差はどの国でもあり、講師給与の違いはお客様へのご提供価格に反映されることでもあります。

大人の英会話倶楽部では、「オフィスベース」と「在宅ベース」の何れかが明らかによいと言う事ではなく
(勿論、オフィスよりホームの方がレベルが高いと言った事でもありません)
双方の利点を活かし、まだ不足する事は補いながら、高いレベルの講師のレッスンを安定してご提供できるように考えています。